being a demonstrator

Modern classes at the National Ballet School began, so I’m dancing as a class demonstrator for Peggy’s classes. People often wonder if “being a demonstrator” means being a class assistant, but it’s not exactly the same. Unlike in any traditional form of dance form like ballet, there aren’t universal languages for movements in contemporary dance, which makes it way harder to communicate about the steps and sequencing. So, I take class at front line centre, so people in class have someone to follow and that way, Peggy can be more available to watch the dancers/students. Also, when certain movements require working with “movement ideas “, as opposed to creating specific shapes, each dancers would look slightly different and I’m just another body to demonstrate my version of expressing that idea. To a certain degree, I’m just one more dancer taking class, but to always be in front line centre, knowing you’re being watched, and to do the phrase each time with every group… sometimes feels like doing performance.

Continuously, being a demonstrator for Peggy have been my true base for everything; learning how to dance, how to teach, how to perform, and how to work inside the class. It’s easy to separate between daily practice and dancing in front of an audience, but being a demonstrator really is where I learnt how to practice dance without separating those two. Just purely to be inside of work. I love it!

* This coming Sunday September 23, 2012, I’ll be demonstrating for Peggy Baker’s Modern Moves made easy; it’s a one of a kind dance class, with no previous experience required. Please check the link below for more information and to resister. Hope you can join usJ

http://www.peggybakerdance.com/upcoming/cities/modernmoves.html

   

National Ballet Schoolでのモダンのクラスが始まり、Peggyのクラスではデモンストレーターとして踊っています。デモンストレーターってクラスのアシスタントのこと?とよく間違えられるのですが、アシスタントとはちょっと違います。バレエの様な伝統芸能と違って、コンテンポラリー・  ダンスでは動きや型に共通の名前がほぼありません。私がクラスを最前列の真ん中で踊る事に   よって、生徒さん達は迷ったときは目で追える人がいる事と、Peggyは生徒さんを見る事により集中できる、というのが主な目的です。また「動きのカタチ」を求めるものではなく、「動きのアイディア」を求められる事も多く、そういう場合は人それぞれ出来上がる見た目は少しずつ違うものなので、私が居る事でPeggyとは違う一例が見せられるんです。一ダンサーとして唯クラスを受けているという部分も、もちろんあります。でも常に最前列のセンターに身を置き、見られているという意識も持ち、各グループと毎回一緒に踊る事は、少し舞台で踊る感覚と似ていたりもします。

今まで、そして今でもPeggyのデモンストレーターをしてきている事が自分の土台のすべてに繋がっています。踊る事、教える事、パフォーマーとしての姿勢、クラスの中であるべき姿勢。。この経験があるお陰で、日常のレッスンと舞台上で踊る事という、2つの違う事とも捉えられることも、  一括りの「踊る事」として捉えられています。ただシンプルに動きと向き合う事。大好きです。

*   今度の日曜日9月23日に、Modern Moves made easyというクラス/イベントにてPeggyのデモンストレーターをします。ダンス経験は問わず、未経験者も参加可能です。動きを楽しむために創られているので、ぜひ一緒に参加してください!詳細と応募情報は下のリンクよりご覧下さい。

http://www.peggybakerdance.com/upcoming/cities/modernmoves.html

Advertisements

Comments are closed.

%d bloggers like this: