aleatoric

The rehearsals for Toronto season have resumed since coming back from Calgary. I’ve been in rehearsals as a dancer for two new works, a group piece, Split Screen Stereophonic, and solo piece, Alteatoric Solo No.1. And I’ve also been assisting rehearsals for Encoded Revision, piece that is going to be performed by charismatic Ben Kamino.

Aleatoric Solo No.1, is reconstructed solo version of Aleatoria, 12dancer/12 hour project for Nuit Blanche 2010. ‘aleatoric’ means ‘randomly’ and the dance is made from collective materials from Peggy’s choreographies that I’ve so far danced, so it’s a ten minutes study of my history in Peggy’s choreography. John Kameel Farah, who would be creating music by improvising for this dance, has joined the rehearsal for the first time this week, and I’ve been having one of a kind experience that’s full of vivid inspirations…. super fun! Now that show is in less then two weeks away, I’m happy, feeling the nerve starting to turn into excitement.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

* I’ll be dancing in Motion Music, presented as part of the COC’s Free Concert Series on Tuesday Feb 19, 2013 at noon. Please check under performance for details.

  * COCのフリーコンサートにて2月19日火曜日の公演で踊ります。プログラムはMotion Music。正午からです。詳しくはperformance欄をご覧下さい。

 

 

カルガリーから戻ってから、トロント・シーズンの舞台のリハーサルが再開しています。                 私はグループ作品のSplit Screen Stereophonic、そしてソロ作品のAleatoric Solo No.1の新作2作品をダンサーとして、そしてBen Kaminoが踊るEncoded Revisionにはリハーサル・アシスタントとして参加しています。

Aleatoric Solo No.1は、2010年に白夜のアート・イベント、Nuit Blancheにてダンサー12人が12時間公演した作品、Aleatoriaのスピンオフ作品です。「aleatoric」はランドムな、という意味で、私が今まで踊った数々のPeggyの作品から創られています。フレーズそのまま使われている事もあれば、動きひとつだけ引用など、使われている動きは様々ですが、私のPeggyの作品との今まで歴史が10分間に詰まっています。音楽は、John Kameel Farahが即興演奏をするのですが、今週から一緒にリハーサルが始まり、音楽の影響によって変化するものが毎回新鮮で、そんな貴重な体験を思いっきり楽しんでいます!本番まで2週間をきって、緊張が少しずつワクワク感に変わっていっている事が、嬉しいです。

Advertisements

Comments are closed.

%d bloggers like this: